塗装を綺麗に

除雪機

外壁塗装には様々な効果があります。一般的に知られている外壁塗装の効果は、見た目を美しくすることです。それまでホコリで汚れていたり、コケが生えていたり、色が劣化した場合には、外壁塗装することで購入した時のようなきれいな外観を見せることができます。 次に、外壁塗装には住宅の耐久性を向上させるという役割があります。通常住宅を建築されたその日から日々雨風にさらされ、強烈な紫外線を受けています。そこで、外壁塗装することで、住宅を雨風や紫外線から守り、住宅の寿命を長くする役割を果たしているのです。 そして、断熱効果や遮熱効果も期待できます。断熱効果がある状態とは、夏の暑い日にエアコンをつけると、外の光が室内に入ってきにくくなります。

逆に、冬の寒い日は暖房つけると外の冷たい空気が室内に入ってきにくくなります。夏にしても冬にしても、電気代やガス代、灯油代などがかかりにくくなるのが断熱効果の大きな特徴です。 防水効果についてはどうでしょうか。住宅が劣化するかどうかは防水性がとても大きな役割を果たしています。特に木造住宅の場合は、柱に木材が使われており、その木材に湿気や雨水が入ってしまった場合、木材は腐りまたはカビが生えたり、シロアリにやられてしまうこともあるのです。住宅の木材の寿命が縮まると住宅自体の寿命も縮まります。そして、大きな地震が起きたときに耐震性としての役割も減少してしまい、住宅が倒壊してしまうことも考えられるのです。 このように、外壁塗装には様々な役割があるのです。