重要な役割を持つ

除雪道具

住宅の外壁をきれいにする場合、あるいは外壁の役割を機能させたい場合、できれば10年に1度ぐらいは外壁塗装をする必要があります。 最近は外壁塗装以外でもサイディングが流行っています。 では外壁塗装をする場合とサイディングをする場合はどちらがいいでしょうか。 外壁塗装をする場合のメリットはその価格です。外壁塗装と言っても安いものから高いものまでありますが、おおよそサイディングに比べれると安く仕上げることができる点です。例えば面積が60平方メートルの住宅では60万円ぐらいから塗装をすることができます。ただし、あまり安い塗料を使うとその寿命も短くなってしまうので注意が必要です。短いもので7,8年で寿命が訪れてしまいます。

では、サイディングのメリットとは何でしょうか。サイディングとは、外壁に細長い模様のついた板を何枚も貼り付けて、その隙間にシーディングというゴム性の樹脂を流し込み隙間をなくしていきます。 サイディングのメリットはその種類の豊富さです。かなりの種類の色と模様の中から選ぶことができる点がサイディングの優れた点です。 また、壁に打ち付けて張り付けるだけなので、工期も外壁塗装よりは短い期間でできます。 サイディングには、もともとサイディング張られていた場合には張り替えをする場合と、その隙間のシーリングのみをし直す場合があります。 サイディングをする場合は、外壁塗装よりは2,3割高くなってしまう点がデメリットと言えるでしょう。